今度はノンフィクション――『奴隷労働ーベトナム人技能実習生の実態ー』(1)

これは『コンビニ外国人』、『知っておきたい入管法』『ふたつの日本』に、続けて読んだ本である。
 
その中では、ノンフィクションという手法もあって、もっとも衝撃力があり、ずんと重い本であった。
 
著者の巣内尚子(すない・なおこ)は、1981年生まれのフリージャーナリストで、東京学芸大卒業後、日本で就労、その後、インドネシア、フィリピン、ベトナム、日本で記者、ライターとして働く。

2015~16年、ベトナム社会科学院・家族ジェンダー研究所の客員研究員を務め、2017年、一橋大学大学院の社会学修士課程を修了する。現在はカナダ・ケベック州の、ラバル大学博士課程に在籍する。

著者紹介を長々と書いたのは、この人も、『ふたつの日本』の著者・望月優大氏と同じく、マスコミの王道ではなくて、周辺に身を置くことによって、こういう問題、つまり日本に生きる外国人の問題が、見えてきた人なのであろうか、という疑問が、湧いたからである(もっとも、「マスコミの王道」は、今では新聞・テレビから、ネットに移っているかもしれない)。

それにしても『奴隷労働』とは、凄いタイトルの本だ。「技能実習生」が置かれている状況を、これ以上、正確に述べた言葉はない。

著者は2014年から、大学院でこの問題を研究し始めた。

「30歳をすぎ、保育園に通う子どもを抱え、仕事をしながら大学院に入った。無謀だったかもしれないが、滞在したフランス、インドネシア、フィリピン、ベトナムでの経験から得た移民、移住者への関心と、ベトナム人移住労働者の置かれた状況に対する懸念、そして移住労働をめぐる課題を知った者が何もしないのはおかしいという思いが、澱(おり)のように蓄積され、ベトナムの人たちの移住労働について調べ、研究することを諦めるわけにはいかなかった。」

「澱のように蓄積され」というところ、いいですね。自分が研究せずにはおられない、もうどうしようもない、というところが、如実に出てますね。
 
そこで著者は、移住経験を持つベトナム人に、聞き取りを開始した。

一般に、ベトナム人が日本に労働者として来るだけで、渡航費用は100万円前後にもなる。しかも制度的に、ある期間が来ると、借金があろうと無かろうと、帰国しなければならない。その間、日本にいる間、転職は禁じられている。

著者は2014年から、聞き取りを開始した。2018年夏には、特に、雇用先から逃げた技能実習生に、逃げるまでの動機や、逃げるためのルート、その後の就労と生活の実態を聞いた。

そして、それがどんなに凄まじいことであるか、を知ってもらうために、この本を書いたのである。

この記事へのコメント