漱石の全体像とは――『編集者 漱石』(15)

芥川龍之介が、初めて漱石山房を訪問したのは、大正四年十一月十八日のことだった。芥川は最初から、他の門弟たちとは違っていた。

「面白いのは、出会った当初から芥川が漱石の放つ〝磁気〟に触れて過敏に感応したこと、そして理性の上での反撥と接近を繰り返しているのが観察されることである。
 ……
〝磁気〟がたんに漱石の存在、人格的魅力や包容力などをいうのではないことは明らかだろう。それは〝狂気〟というにちかい性質のものであったとも考えられる。」
 
芥川は、門弟の誰もが気づくことのできなかった、漱石の「……目に見えない、危険な電磁波」を捉えたのだ。
 
その芥川に対して、漱石は徹底して、酸いも甘いも嚙み分けた編集者のようにつきあう。
 
大正五年、漱石最後の年に、「新思潮」の創刊号が送られてくる。そこで漱石は芥川に、あの有名な激励の手紙を書く。

「文章が要領を得て能く整つてゐます敬服しました。あゝいふものを是から二三十並べて御覧なさい文壇で類のない作家になれます」。
 
これは有名な手紙だけれども、『編集者・漱石』を読んできた身としては、また少し違った感興も湧いてくる。
 
そして、その次に記された文言こそは、編集者・漱石の真骨頂であろう。

「ずんずん御進みなさい群衆は眼中に置かない方が身体の薬です」。
 
朝日新聞の読者に、責任を持つはずの漱石が、群衆は眼中に置かないほうがよい、というのである。これは驚くべき言葉だとは、いえないだろうか。
 
漱石は、他にも手紙で、ほとんど無防備に、芥川たちを励ましている。

「君方は新時代の作家になる積でせう。僕も其積であなた方の将来を見てゐます。どうぞ偉くなつて下さい」。
 
そして次のは、芥川の自殺と関連付けて、やるせない思いで、後で何度も、読者に読み返されたものだ。

「あせつては不可(いけま)せん。頭を悪くしては不可せん。根気づくでお出でなさい。世の中は根気の前に頭を下げる事を知つてゐますが、火花の前には一瞬の記憶しか与へて呉れません。うんうん死ぬ迄押すのです。それ丈けです」。
 
芥川は死ぬ前に、この手紙を思い浮かべなかったろうか、と誰でもが考えることを考えてしまう。
 
それにしても、漱石のこれらの手紙は、尋常のこととは思えない。長谷川さんはそれを、こんなふうに鮮やかに指摘する。

「この指摘はたんに先輩作家による後進への指導の域を超えている。このとき漱石が編集者の眼で作品を読み込んでいたことに疑いはない……」。
 
漱石は死ぬ間際まで、編集者だったのである。
posted by 中嶋 廣 at 19:16Comment(0)日記