これは、いったい何の本か――『知性は死なない―平成の鬱をこえて―』(1)

著者の與那覇潤は、『中国化する日本』で一躍文名をあげた人。そのときは、地方の公立大学の准教授であった。
 
私はこの本を読んでない。ちょうど東大の小島毅先生のところに通っていて、『父が子に語る日本史』と、その続編である『父が子に語る近現代史』を作っていて、そのおり雑談で話を聞いた。そのときは、まあそんなに大したことはない、というふうに思った。
 
考えてみれば、小島先生は中国儒教の専門家だから、はるかに若い後輩を、手放しで褒めるわけはないのであった。
 
それはともかく、その後、著者はうつ病になり、教職を辞している。そういう目から見た、もうすぐ終わろうとする平成の話である。
 
その特徴は端的にいって、知識人、大学人の敗北ということだ。

「ほとんどの学者のとなえてきたことは、たんに実現しないか、実現した結果まちがいがわかってしまった。そうしたさびしい状況で、『活動する知識人』の時代でもあった平成は、終焉をむかえようとしています。」
 
著者もまた、学者として「現実にコミットしようとした」が、かたちとして成し遂げたことは何もない、そういう意味では、「挫折と自己反省の手記」と言わざるを得ない。
 
それどころか、「その過程で躁うつ病(双極性障害)という精神の病をわずらい、教育・研究という任務をになうことができなくなったために、大学を離職することにもなりました。」
 
著者自身が、一度は日常会話すら不自由になる体験から、うつろいゆく知性とは何か、ということを考えた話である。
 
第一章から三章までは、著者のうつ病の症状と考察、さらにはその社会的な意味といった内容。

しかし、うつ病については、いくら読んでも、十全な理解は得られない。うつ病は経験してみなければ、わからない。
 
実は高校生の頃に、うつ病になりかけたことがある。そのころ中学・高校一貫校に通っており、高校に入っても、また同じことか、と思うとすっかり嫌になった。何をする気もせず、起きてるのも大儀で、ともすれば、死んでしまいたかった。ひと夏の、ほんとうに苦しい経験であった。

こういう経験はもうたくさんだ。だから人のものを読んでも、身を入れるのを、むしろ、避けている。
 
しかし、では徹底的に避けているかというと、それは微妙で、半身で、いつの間にか擦り寄っていってる。だからこの本も、出てすぐに買った。買ったけれども、相変わらず、半身の姿勢は変わらない。
posted by 中嶋 廣 at 16:23Comment(0)日記