続・「天才」の謎に挑む――『鬼才伝説―私の将棋風雲録―』(4)

加藤は米長邦雄とも、さんざん闘っている。米長は「泥沼流」を自称するだけあって、負け将棋と分かっていても、なかなか投げない。負け戦でも、そういう粘り方をすれば、いつかはツキも巡ってくるというのだ。
 
加藤と米長は、まったく波長の違う天才同士である。あるとき、加藤と米長が対局していると、隣で対局していた関根茂八段が、「お二人さん、最近よく顔が合うね」と声をかけてきた。

「米長棋王はこう返した。
『顔は合うけど、気は合わない』
 米長棋王のユニークさが表れた発言だが、残念ながら、私はそんなことではおどろかない。」
 
加藤は、どこまでも冷静だ。ここから、自分に対する、米長のプレッシャーを読み取っている。考えてみれば、天才・加藤は、どんな時でも、自分のよい方に解釈する。米長はたんに、気が合わないことを、述べただけかも知れないのに。
 
けれども、米長邦雄は懐かしいし、また嬉しい思い出に溢れている。なぜかといえば、米長は加藤に対して、「よく考えて指して」きたからだ。

「相手がよく考えて指してくれることは、私にとって嬉しいことなのだ。」
 
二人の天才が盤上を挟んで、沈黙のうちに対話し、棋力を振り絞って、一緒に棋譜を作り上げている。そういうことが、細かな内容まではわからないにせよ、何となく分かる。
 
加藤は名人のタイトルを、一期で、二十一歳の谷川浩司に奪われている。このときの、加藤の谷川評が面白い。

「谷川さんが指す振り飛車は、年に似合わず老練である。……あの老練さは生まれつき備わったものではないかとさえ思う。努力して身につくものではない。」
 
谷川の老練さは、大山康晴や升田幸三にもなかったものだという。この「老練さ」が何を指しているかは、よくわからない。天才は天才を知る、というところか。
 
また谷川は、加藤と同じく、どこからかやってくる導きの声を、信じているようだ。「このあたりは何かに導かれていたのではないか」とか、「ここで何か私に送られたメッセージがあったのではないか」という言葉が、よく出てくる。

この谷川の人生観は、加藤のそれによく似ている。谷川の生家は寺だから、加藤はカトリックだけれども、同じ宗教ということでは、似ているのだろう。
 
またあるとき、渡辺明竜王と話していて、「加藤先生の将棋はよく研究するのですが、私にはわかりません」と言われたことがある。
 
これに対する加藤の返答は、以下の通り。

「私は精進し、神のご加護を求めながら、名局の数々を指してきたのだ。そう簡単に他の人にわかるはずはないとも思っている。」
 
まったく可笑しいですねえ。
posted by 中嶋 廣 at 18:30Comment(0)日記