これはちょっと退屈――『労働者階級の反乱―地べたから見た英国EU離脱―』

こんどは、ブレイディみかこが、イギリスのEU離脱を考察する。

英国は国民投票をして、あろうことか、EUから脱退することになってしまった。2016年6月24日のことである。

この、EUからのイギリス脱退を、ブレグジット(Brexit)と言う。投票結果の分析によると、労働者階級の大半が離脱に入れ、彼らこそが「ブレグジット」の牽引力になっていた。

その結果、労働者階級の人々は、「排外に走った愚かな人々」であり、「不寛容な排外主義者」であると見なされた。

外国人がイギリス人を見て、どう思われようとも構わない。しかしブレイディみかこは、配偶者自身が、離脱に入れた労働者の一人だった。そしてその周囲では、ほとんど全員が離脱票を投じていた。

もちろんブレイディみかこは、日本からの移民なので、EU加盟賛成派である。

こうして相手のことを理解するために、「英国の労働者階級はなぜEU離脱票を投じたのか、そもそも彼らはどういう人々なのか」ということを学習した記録が、この本なのである。

労働者階級の内部に分け入り(配偶者がそうなんだから当りまえだけど)、何人かにインタビューし(これは配偶者のお友だち)、またこの百年、労働者階級はどんなふうに成立し、どのように変遷してきたのか、といったところが、その内容だが、あまり面白くはない。

ブレイディみかこの筆で、何とか持ちこたえているけど、それでもときどき退屈する。日本に置き換えてみれば、労働者階級の百年を、今さら読み返したくはないだろう。まして海の向こうのことだもの。

(『労働者階級の反乱―地べたから見た英国EU離脱―』
 ブレイディみかこ、光文社新書、2017年10月20日初刷)
posted by 中嶋 廣 at 19:36Comment(0)日記