パロディ、パロデイ――『もう一度 倫敦巴里』(1)

『倫敦巴里』は1977年に、今はなき「話の特集」から刊行された。僕はこれを、大学時代に、友だちの下宿で見た。実に面白かったが、金がなかったので買えなかった。

『もう一度 倫敦巴里』は、そこに新たに『雪国』海外篇と、『雪国』70年2月号、72年11月号、73年12月号、75年2月号、77年2月号の続きを加え、再編集したものである。
 
といっても、現物を見たことがない人には、何が何だかわからない。これは全編、絵と文章による、和田誠のパロディ大全なのである。
 
まず最初に「殺しの手帖」がある。
「これは あなたの手帖です/いろいろのことが ここには書きつけてある/この中の どれか 一つ二つは/すぐ今日 あなたの殺しに役立ち/せめて どれか もう一つ二つは/すぐには役に立たないように見えても/やがて こころの底ふかく沈んで/いつか あなたの殺し方を変えてしまう/そんなふうな/これは あなたの殺しの手帖です」
 
そしてそのあと、「リヴォルヴァー拳銃をテストする」が続いて、さらに「毒入りのおそうざい」として、「とりかぶとののりまぶし」「じゃがいもの砒素ふくめ煮」「いかと椎茸のストリキニーネあえ」「冬瓜のシアン化水素汁」と続いていく。

『暮しの手帖』から、よく文句が出なかったものだ。あるいはパロデイに対して、もっとずっと寛容だったのだろうか。

『兎と亀』は、世界の映画作家たちが、イソップの寓話をテーマに映画を作ったら、という内容で、ジョン・フォード、市川崑、ヤコペッティ、ミケランジエロ・アントニオーニ、ヒッチコック、ベルイマン、ロバート・ワイズ、テレンス・フィッシャー、ジャン=リュック・ゴダール、デヴィッド・リーンが、それふうの「兎と亀」を撮っている。
 
といっても、何のことやらわからないので、ここでは特別に、一人の監督をまるまる載せてみる。

「ミケランジエロ・アントニオーニ

溶明。抱きあい、キスをしている二人。
亀(マルチェロ・マストロヤンニ)とその妻(モニカ・ビッティ)である。
高層アパートの一室。窓から隣りのビルがみえる。朝の光がさしこんでいる。
唇をはなす二人。
亀「別れようか」
妻「ええ」
妻、立って台所へ行き、コーヒーポットをとりあげる。
亀、読んでいた新聞を置き、立ちあがる。
亀「出かける」
妻「どこへ」
亀「マラソンに」         ――溶暗
溶明。椅子でモード雑誌を読んでいる妻。
手をのばしてラジオのスイッチを入れる。ラジオからはマラソンの中継放送が聞えてくる。
ラジオ「亀はのこのこと走っております。そのはるか前方に、兎の姿がみえます。兎、どんどん亀をひきはなして走ってゆきます」
妻、ラジオのダイヤルをまわす。クラシック音楽になる。再び雑誌をとりあげる。
窓の外は夕暮れ。街燈が点いている。――終」
 
「高層アパート」も、「街燈」も、効かすべきところに効かせてある。
もちろん、これ一本が素晴らしいわけではない。なのに、なぜこれを選んだのか。うん、もちろんモニカ・ビッティですね。