競い合う編集者――『「考える人」は本を読む』(1)

「考える人」編集長、河野通和氏が、毎週メルマガで配信していたものから、25冊を取り上げて、配列を替え、編集の上で一工夫、加えたもの。

「考える人」は、この4月で休刊になった。河野氏はそれに合わせて、新潮社を辞めるという。半年前までは、「考える人」のリニューアルを成功させ、いまどき雑誌のリニューアルを成功させるなんて驚異だ、と仰ぎ見られていた人が、急転直下辞めることになる。

「本当に人生、どこでどうなるか、分かったものではないな」とは、まぎれもない河野氏の弁である。
 
こういう、一歩引いたところから、自分を見られるというところが、河野氏の凄いところだ。新潮社で、何があったかはわからないが、僕なんかだと、立つ鳥あとを大いに濁す、という具合で、いくつものもめごとの種を、あとに残していくだろう。
 
だいたい「考える人」のスポンサーであるユニクロ、ということはファーストリテイリングには、どういう申し入れをし、どんなふうに決着をつけたのか。もちろん、僕なんかには皆目わからないが、ユニクロとしては、惜しいと思っているだろう。
 
ユニクロが、全面的に「考える人」の費用を持ち、新潮社が、編集の責任を持つというのは、考えてみれば、非常にユニークなやり方だ。これで15年間、続けていけたというのは、「考える人」を土台にした単行本を含めて考えると、ほとんど奇跡というほかない。
 
それはともかく、『「考える人」は本を読む』は、少し前に取り上げた『言葉はこうして生き残った』と、同じメルマガから選んだものだ(もちろん同じものは入っていない)。

こうして2冊を比べてみると、新書と単行本とは言え、編集者によって、これほど見事に、まったく異なる形を得られるものだなあと、ちょっとびっくりしてしまう。

今度の新書は、章タイトルが、「Ⅰ 読書を考える」「Ⅱ 言葉を考える」「Ⅲ 仕事を考える」「Ⅳ 家族を考える」「Ⅴ 社会を考える」「Ⅵ 生と死を考える」となっている。これは『言葉はこうして生き残った』と較べると、ずいぶん分かりやすい(もちろんわかりやすいことが、そのまま優れているというわけではない)。

それと、もう一つ。すべての章に、メルマガ配信時とは別の、「後註」がついている。これが、何とも言えない味を醸し出している。これは編集者のお手柄だろう。