翻訳は難しい――『トランペット』(2)

けれども、とここから先は、僕が読んだ感想である。この小説を読むと、なんだかいかにも翻訳小説を読んでいる、という感が強い。

もちろん訳者は、ひどく苦労している。
「原文で読めば即座に笑ったり感覚的に理解したりできる掛け言葉や連想を、翻訳に反映させるのはなかなかむずかしい。」
 
その結果、個々の章で主役を務める面々、すなわち「妻のミリー、息子のコールマン、バンドのドラマー、医者や葬儀屋、役所の登録係、著名人のスキャンダルでひと儲けをたくらむジャーナリスト、昔の同級生、老いた母」等々が、どうにも落ち着きが悪くて、十全に活躍できていない。というか読んでいて、言葉はハジケてるのに、ときどきひどく退屈してしまう。
 
もちろんこれは、訳文の問題ではなく、僕のほうの問題かもしれない。

「スコットランドの言葉、変わりやすい気候や荒い波の打ちつける海岸の風景、長年グラスゴー市民に親しまれてきたデートスポット、伝統的な食べ物や駄菓子の名前など、生活の具体的な細部の描写を通じて、スコットランドという土地の空気を地元民の感覚で味わう楽しみがある。」
 
僕が「地元民の感覚」で、スコットランドをそんなふうに味わうことは無理だ。

こういうのは、難しいものだと思う。かりに僕が編集を担当して、これだけの原稿が入れば、もう本当に有頂天で、本になる直前はドキドキである。
 
でもそれは、翻訳書でそういうのを読んだことのある人たちを、相手にしているだけで、きつい言い方をするなら、広い意味での「一般読者」を、相手にしていないんだと思う。
 
でも、じゃあ、こういう本は出さなければいいのか、というと、それは全然違う。ぜんぜん違うんだけども、しかし、ではほかにどんな手を打てるかというと、ちょっと考えあぐねてしまう。

名前のある作家や脚本家に、帯を書いてもらう。PR誌があるのであれば、宝塚の明日海りおに、「男」として生きたジョスの役をやりたいと書いてもらう。あるいは書評を、小泉今日子さんにやってもらうのもいい。

でも結局は、そういうことと同時に、訳文を練り上げるよりほかにないのだろう。

じつは『トランペット』は、現役編集者のOさんが、個人的には去年のミステリーのベストワンだといって、推薦してくれたものだ。その気持ちはよく分かる。Oさんは僕を、病気したとはいえ、現役と変わらぬものと認めて、これを推薦してくれたに違いない。

でももう僕は、こういう原稿にドキドキするような臨場感は、遠いところに忘れてきてしまった。そのかわり、いっそう貪欲な読者として、新刊を含めた本に向かっていこう、とは思っているけれど。

(『トランペット』ジャッキー・ケイ、中村和恵訳、岩波書店、2016年10月28日初刷)